社会の変化が激しい時代には日常生活に心の余裕を確保する必要性

社会の変化が激しい時代には日常生活に心の余裕を確保する必要性

社会の変化が激しい時代には日常生活に心の余裕を確保する必要性 必要なものを買い揃えられた高度経済成長時代から半世紀余りが経過し、昨今は日常生活上、耐久消費財で不足するものが余り目立たなくなりました。このため、日々の食べ物や季節毎に異なる衣料品を買い揃える程度の生活費があれば事足りるわけですから、多くの家庭が目先の家計には安心して暮らしているといえます。メーカーや販売業者が様々な広告媒体を通じて商品の販売量を増やそうと過剰ともいえる宣伝合戦を繰り広げていますが、消費者は家庭内に必要なものがほぼ揃っている状態ですから、日々の食べ物や季節毎に異なる衣料品を購入する以上に購買する気力が起こりません。

仕事場や家庭内だけでなく、街へ出かけても人とお金とものに囲まれた社会にうんざりしています。多くの人がむしろ、“おもてなし”で代表される精神的なサービスを求めている時代になっています。ゆったりと時の流れる空間に身を任せながら好きな音楽を聞いたり、マッサージを受けたり、あるいは、趣味に興じる生活を求めているわけです。

インターネットの普及や情報通信機器の急速な発達により次々と流入してくる大量の情報を避けているわけにいかず、多くの人は仕事と日常生活で自分のペースを失いかけています。このため、うつ病や精神疾患を患う人が急増しており、労働安全衛生法が改正されて働く人のストレスチェックが励行されるようになってきたほどです。従って、社会の変化が今後も激しくなり続けるでしょうから、一人ひとりは時折り立ち止まって自分のペースを取り戻す心の余裕を日常生活に確保しておく必要があります。

関連情報

Copyright (C)2019社会の変化が激しい時代には日常生活に心の余裕を確保する必要性.All rights reserved.