社会の変化が激しい時代には日常生活に心の余裕を確保する必要性

煮物料理であくをきれいに取ることができる生活の技

社会の変化が激しい時代には日常生活に心の余裕を確保する必要性 野菜であったり肉などでは美味しい部分もあれば味を減退させるものもあります。美味しい部分はうまみ成分と言われます。味を減退させる作用のものとしてあくが知られています。口の中に入れた時にえぐみなどとして感じることがあります。山菜などは水にさらしたりして、しっかりあくを取る必要があります。肉などを煮ているときにはどんどんあくが出てきますがその時にそのままにしていると味が悪くなります。

生活の中で煮物料理をするときには必ずしないといけないこととしてあく取りがあります。これを丁寧に取ることで最終的に出来上がる料理の仕上がりが変わります。高級料理店ではかなり細かくしているようです。自宅でもやるのが良いですが鍋につききりにはなれません。ほかの料理を作る必要があるのであくとりも中途半端になることがあるでしょう。

煮物の料理を作るときにあくを簡単に取る方法があります。鍋の大きさのアルミホイルを用意します。それをくしゃくしゃにしてから広げます。それを煮ている鍋の中に入れます。そしてホイルを箸ですくい上げます。鍋の中のあくがきれいに取れていることがわかります。アルミホイルの方にしっかりとあくが付いています。あくの方が勝手にアルミホイルに付いていきます。洗えば何度か使えます。

関連情報

Copyright (C)2019社会の変化が激しい時代には日常生活に心の余裕を確保する必要性.All rights reserved.