社会の変化が激しい時代には日常生活に心の余裕を確保する必要性

花の水やり時期がわかる生活のアイテムを使う

社会の変化が激しい時代には日常生活に心の余裕を確保する必要性 ガーデニングをしたり家庭菜園を楽しむ人は多いです。ホームセンターなどでは専用の土、肥料、その他のものが売られています。この花を育てるときにはこの方法をすればよいとの情報があるのでそれさえきちんと守っていればほぼ育てることができます。その中に出てくる作業として花の水やりがあります。植物のすべてが水を好むわけではありません。乾燥気味、過湿気味に育てるものもあります。

生活の中で花の水やりをするときのタイミングとして土が乾いてきたときがやりどきとされます。もしそのタイミングがわからないと大変です。乾いているのに水を与えなければ枯れてしまいます。十分水分があるのに与えると水のあげすぎで腐ってしまうことがあります。身近にあるものを使うことで簡単に水をやるべきかどうかがわかることがあります。

都会では少し見つけることが難しいかもしれませんが、松ぼっくりと呼ばれる木の実があります。松の木などの下によく落ちています。乾燥している状態のものが多いかもしれません。これをもらってきましょう。そして植木鉢の表面にねじ込んでおきます。もし水分が十分あるときは傘が閉じています。そして乾燥してくると傘が開いてきます。それを目安にすることでタイミングを間違えることが無くなります。

関連情報

Copyright (C)2019社会の変化が激しい時代には日常生活に心の余裕を確保する必要性.All rights reserved.