社会の変化が激しい時代には日常生活に心の余裕を確保する必要性

お米を炊く方法を生活の中で知っておく

社会の変化が激しい時代には日常生活に心の余裕を確保する必要性 日本人の主食はお米、ごはんになります。日本ではお米は炊いて食べる習慣があります。韓国や中国でも同様に炊いて食べる場合があります。そのため中国人は日本の炊飯器を好んで買うことがあります。かつては釜で炊いていたようですが今は釜でご飯を炊く家庭は少なくなっています。火加減などが難しいことが原因なのでしょう。難しいですがご飯の味を求める人は多いです。

生活の中でご飯を炊く方法として少し原始的ですが釜を使う方法があります。火加減などは自由に調節できます。ですから良く炊いている人ならこの方法が最も良いでしょう。季節によって米が水を吸う量、水の味などが変わります。それをうまく調整することで美味しく炊けます。釜がない場合は土鍋を使う方法が知られています。鍋全体に熱が伝わりやすいからのようです。

多くの人が利用するのが炊飯器です。安いものだと数千円の物からあり高くなると10万円を超えます。マイコン機能が付いてあったり、中の釜の素材、IH機能で炊き上げるなどで差があるようです。もっと身近なものでも炊くことができます。それは電子レンジです。専用の容器に入れてお米と水を入れて所定時間加熱することで炊くことができます。少ない量でも美味しく炊くことができます。

Copyright (C)2019社会の変化が激しい時代には日常生活に心の余裕を確保する必要性.All rights reserved.