社会の変化が激しい時代には日常生活に心の余裕を確保する必要性

野菜の荷崩れを簡単に取ることができる生活の知恵

社会の変化が激しい時代には日常生活に心の余裕を確保する必要性 野菜の煮物と言えばおいしく作ることが難しい料理の一つです。味をしっかりしみ込ませるためにしっかり煮込む必要があります。一方でカレーのように煮崩れてもいいくらい煮込みすぎるのは良くありません。それぞれの素材は適度に歯ごたえを残しておく必要があります。もちろん煮足りなければ味も食感も良くなくなります。ちょうどいい具合に煮る必要があります。

生活の方法としてこれまでは面取りと呼ばれる方法をするのが良いとされていました。包丁で適度な大きさに切ると必ず角ができます。この角を丁寧に取ることで荷崩れをなくすことができます。野菜の角は一見見た目もきれいになりそうですが他の食材の角に当たるとそれによって崩れやすくなります。やわらかくなるとより崩れやすくなります。

面取りをするのが良いことは知られていますが面倒な作業のためあまりしたくないと考えている人も多いようです。簡単に面取りをする方法としてざるを使います。2つのざるを合わせてその中に切った野菜を入れて左右に振ります。すると角の部分が削れて面取りができています。ざるに当たるときに角が削れるためにきれいに面取りされます。まとめてたくさんの面取りができるので面倒がありません。

関連情報

Copyright (C)2019社会の変化が激しい時代には日常生活に心の余裕を確保する必要性.All rights reserved.