社会の変化が激しい時代には日常生活に心の余裕を確保する必要性

レジャーシートが風で飛ばされない生活の方法

社会の変化が激しい時代には日常生活に心の余裕を確保する必要性 春の桜の時期になるとお花見をする人が増えます。若手社員などは最初の仕事として場所取りを任される人もいるでしょう。レジャーシートを敷いてその場所に居座ることで他人に場所を取られなくなります。いろいろなところでレジャーシートを使って楽しむことがありますが時に風が良く吹くことがあります。風によってシートがめくられて抑えるのに大変な場合があります。

近くに大きな石やレンガなどがあればそれらを置くことで飛ばなくなります。でも都合よくあるわけではありません。探しているときに限ってないことが多いです。人がいるときは人が端の方に座って飛ばされないようにすることがあります。お弁当であったり持ってきたペットボトルなどの荷物を端の方において飛ばされないようにすることもあります。あまり楽しめなくなります。

生活の知恵を使うことで得に重しを載せることなく飛ばされずに済む方法があります。なぜ風に飛ばされるかですが、軽いためにシートの下にどんどん風が入るからです。一度入ると一部が浮き上がります。するとどんどん後から風が入ります。そこで四隅を輪ゴムなどで留めます。すると風が中に入りにくくなります。風が入らなければめくられることがないので飛ばされることもなくなります。

関連情報

Copyright (C)2019社会の変化が激しい時代には日常生活に心の余裕を確保する必要性.All rights reserved.